古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2013年6月11日火曜日

近鉄2250系 その3

近鉄2250系3回目は富田です。


モ2726(左)、モ2248(右) 81.12.26 近鉄富田
鈴鹿線での撮影後、近鉄富田に向かいました。
やって来たのは急行名古屋行。
宇治山田行急行と離合します。
上下線で随分と高さの異なる駅でした。

モ2248 81.12.26 近鉄富田
手前の急行が去った後に撮ったモ2248先頭の急行名古屋行編成。

モ2251 81.12.26 近鉄富田
反対側はオリジナルの面影を良く残したモ2251。

モ2251 81.12.26 近鉄富田
ズームで追っかけます。
甲高い音をあげて名古屋方向に去ってゆきました。
これが2250系を撮った最後のカットになりました。

モ6444 81.12.26 近鉄富田
続いてやって来たのはモ6444。
こちらも吊り掛け駆動の電車です。

モハ122 81.12.26 近鉄富田

左側を併走する三岐鉄道の電車は初の自車発注かつ、初のカルダン車。
仲間はモハ×3、クハ×2の5両いました。
この電車はこの後西武からの吊り掛け車に押されて琴電に移籍、琴電では吊り掛け駆動に逆戻りしてしまいました。
カルダン車が吊り掛け車に押されて追い出された上に、追い出されたカルダン車までもが吊り掛け車になってしまうという誠に不思議な現象が起きました(個人的には嬉しいですが、現実的にはサービスダウンですね)。
その後、琴電では再び一部車両がカルダン化される(この122号は吊り掛け車のまま廃車)という数奇な運命を経て、最後は京急車に押されて引退しています。

0 件のコメント: