古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2021年12月8日水曜日

美濃町線の風景から

前回はモ510形の走行風景をアップしましたが、よもや全線廃止になってしまうとは思いもしなかった名鉄美濃町線。
廃止になってからもう16年も経ってしまいました。

モ593 94.7.15 下有地ー神光寺

新関以遠は1999年の廃止なので、もうじき四半世紀になってしまいます。

94.7.15 上芥見-白金

夏の一日、河原に足を沈めて撮ったモ600形。
のんびりした光景でした。

94.7.15 上芥見ー白金

この時はこの電車来るとちょっとがっかりしましたが、そんなこと言うのは今や贅沢なことでありますね。

98.10.18 上芥見

当時でさえ浮世離れしていると感じた上芥見付近の風景。

98.10.17 上芥見


でも、ほんとうに路線自体が無くなってしまうとは思いもよりませんでした。

2021年12月6日月曜日

犬山橋と名鉄電車

犬山橋は鉄道線・それも大手民鉄では非常に珍しい道路併用区間でした。
みんな知ってる犬山橋、私も一応行っておりました。

本日はその時の画像からピックアップです。

 85.8.31 新鵜沼ー犬山遊園

まずやって来たのは3850系の新岐阜ゆき。


振り向いて、モ3855をパチリ。



この場所ではパノラマカーも一応撮影をしていました。



ご自慢の『どけよホーン』を鳴らしながら車体を左右に揺らしながらゆっくりとやって来ます。



上飯田に行く電車もやって来ました。
当時の上飯田はなんとも中途半端なターミナルでした。
なので、運用されるお電車も中途半端な吊り掛け電車~。。。




最後はパノラマDX。
今でも走っていそうな気がする電車ですが、こちらは意外と早くに引退していますね。

2021年12月3日金曜日

あまり出会う機会が無かった、ED76形との出会い。

 ED76形は活躍線区の関係で個人的には縁が薄い機関車でありました。

07.1.16 大分

それが、2007年に九州方面に出張する用件が出たことで複数回見る機会に恵まれました。
最初に見たのは大分駅で特急富士。


東京で見るときは『富士・はやぶさ』併結ですが、九州島内では懐かしい富士のヘッドマークをつけています。


07.3.9 大分

同じ列車を二か月後にも撮っています。
この時は前日仕事帰りに東京を発車した富士・はやぶさ号を有楽町駅で見ていますので、同じ編成を二日間跨いで見たことになり、ちょっと不思議な感覚を持ちました。

07.3.10 西大分

この日の用務後はレンタカーで西大分付近で上り列車をパチリ。

あいにくの天気ではありましたが、チャンスは一回限り。文句を言ってはいられません。

07.3.11 杵築

そして、翌日帰京前に杵築に立ち寄りました。
ここでは貨物所属のED76形がやって来ました。


そして、特急富士がやって来ました。

飛行機の時間までゆとりが無かったので、列車が来るのも時計とにらめっこ。列車通過後は大慌てで大分空港を目指しました。

今となっては無理しても撮っておいてよかった一本となりました。


2021年12月1日水曜日

チューリッヒのトラム

仕事の用事でネガスキャンをしていると、つい浮気して関係ないものまでスキャンしてしまいます。そんなことを繰り返していると関係ない画像ファイルもそれなりに充実?してきてしまいます。

ということで、今回は仕事の合間のスキャン画像でまとめたスイス・チューリヒのトラムの記録です。


91.8.10 Zurich

こちらは1991年の夏に訪れたときのトラム。
前後左右から電車がやって来る楽しい場所です。



こちらは駅前のバンホフ通りをゆくトラム。



街路樹の間を走り抜けるトラムの上には国旗が。



そして、偶然やって来た古いトラム。

この時代からミュージアムに保存されている電車が当たり前に営業運転で記念運行されているのはさすがです。



その列車の後ろ姿。

当時は保存車輌の運行が行われているとは知らなかったので、驚きました。

15.7.25

こちらは6年前に再訪したバンホフ通り。
自動車はほぼ締め出されてトランジットモールになったようです。


こちらはバンホフ通りをもう少し歩いたところにあるターミナル。
線路が縦横無尽に敷かれているのに萌えます。


電車がその分岐部分にやって来ました。

中間にはバリアフリー対応の車両を挟んでいるのも時代を感じさせます。


15.7.26




2021年11月27日土曜日

琴電のレトロ電車のラストラン

 11月3日、琴電の旧型電車がついに営業運転から退くということで、万難を排して行ってきました。


HPに公開された当時の予定です。
朝と夕方に長尾線と琴平線をそれぞれ全線一往復、その間の時間帯に仏生山で撮影会が行われるというスケジュールです。
今回はフルコースでそれを追いかけようと思います。


まずはフリー切符を購入して、長尾線の学園通りに向かいます。

21.11.3 学園通り~白山

もう、沿線は凄い人出です。


そして、やって来ました。


折り返し電車はすぐにやって来ます。
ちょっと角度を変えたポイントへ、民族大移動です。

00.5.15 同じ場所

こちらでの写真は以前随分撮影をしていました。




多くのカメラの放列を横目にレトロ電車は長尾線を去ってゆきました。

瓦町


次の電車で仏生山へ向かいます。
運よく瓦町からはレトロ電車の仏生山ゆきにぎりぎり乗れました。
撮影会は20分刻み、各回50名限定ということで早いもの勝ちです。
この電車を撮らないで並んでいる人とかがいれば、それでもいっぱいになってしまいそうですが、ダメもとで向かいました。


入手できるかどうか怪しかった整理券、入手できました!
レトロ電車に運良く乗れて、なおかつ先頭車の一番前で一番改札寄りであったことが功を奏したようです。
代金は3000円なり。



整理券の時間までは現役電車たちを撮影してから入場。


20分の撮影タイムの間に数回サボ替えなどを行ない、姿を変えてくれましたのでもうお腹いっぱいになりました。

羽床ー滝宮

撮影会終了後は琴平線沿線に向かいます。
一般の列車にもこの日のイベントの案内兼ねたヘッドマークがついていました。


そして待つこと数時間、琴平ゆき最終電車がやって来ました。

滝宮

琴平からの折り返し電車はもう日暮れ時間の走行です。
よく見たら滝宮駅で、10分程度停車することが判明。
駅の近くで無理矢理最後の走行シーンをパチリしてから最後の電車にお名残り乗車することにしました。


滝宮駅で発車待ちの上り最終運行電車です。




車内はぎゅうぎゅうでしたが、それが幸いして120号のドア脇に載れました。
これで去り行く景色を見ながらじっくりとお名残り乗車ができました。
乗務員扉が無い琴電オリジナル車両デハ車掌さんも大変。ホームに出らないので身を乗り出して前方監視。お疲れ様です。

片原町

飛行機の都合で、最期の仏生山までは行けなかったので、片原町でお見送りをしました。

撮影会料金に入っていたおみやげ

撮影会では代金と引き換えにこんな嬉しいおみやげが入った袋をもらいました。


2021年11月25日木曜日

中央西線冬景色。

前回アップした名鉄のモ510形撮影は家族で行きました。
そうなれば、いろいろと家族サービスも必要であります。
今日は岐阜に到着するまでの家族サービス内容から鉄分を抽出しました。

05.1.29 日出塩

岐阜には一泊二日で向かいました。
夜の中央道を走って、前日の早朝到着したのは中央西線の日出塩駅でした。



時間的に、ちょうど電車が来るようでした。
東海車が来るかと思ったら東日本車が来ました。
この電車もすでに過去帳入りですね。

05.1.29 奈良井
 
次に向かったのは奈良井です。



こちらでは家族サービスで古い町並み、散策です。


宮ノ越


徐々に西に向かいます。
こちらは宮ノ越駅です。



途中で貨物列車を待ちます。
おそらく、大桑~須原の間だった気がします。



貨物列車、EF64の重連でやって来ました。
どちらも貨物色の重連でがっくりしましたが、今考えるとこれでも十分貴重です。



そんなこんなで一日かかってしまいました。
この日の宿泊はこちら妻籠宿です。



寒い冬の日、観光客もまばらでゆっくりとした時間を過ごせました。