古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2016年12月8日木曜日

17M国電の廃車回送 その2回目



クハ16007 81.3.20 西国分寺

1980年の暮れに南武線支線の17M国電の廃車回送を見ましたが、残った4両の17M国電の廃車回送はその後すぐには行われませんでした。
その残った4両の廃車回送の情報が2月になってから同じ友人経由で入ったので、二回目も出撃しました。
二回目は中央線の西国分寺に向かいました。
何せ、首都圏中心部でのぶどう色の旅客列車は自分の年代ではせいぜい親に連れられて電車に乗った時の記憶が精一杯でしたので、その実車の走行シーンを撮れるのは残念ながらこのような機会しかありませんでしたので、それは万難を排してでも行くしかありません。
それも17M国電の走行シーン撮影チャンスは泣いても笑っても2回しかありませんでしたので尚更です。
ただ、何故場所を西国分寺にしたのかは今となっては納得がいきません。


クハ101-7 81.3.20 西国分寺

目的の電車が来るまでは101系電車で練習です。

クモハ101-93 81.3.20 西国分寺

こちらは何気なく撮ったクモハ101。
右手の上り線を走る101系は低屋根車が組み込まれた山岳区間乗り入れ可能編成です。


クハ16003 81.3.20 西国分寺


そして、本命。
キタ━(゚∀゚)━!!

当時は架線柱も大半が木製であったことが分かります。

クハ16003 81.3.20 西国分寺


キタ、キタ~。
シャッターを切る手が震えます。

クモハ11248 81.3.20 西国分寺


振り向いてクモハ11をパチリ。
この時の編成はクハ16007+クモハ11222+クハ16211+クモハ11248でした。
前回同様に両端が旧31系で固められていました。
これはこれで格好良いものの、できればクハは旧30系のクハ16211が顔を出してもらいたかった気もします。

サヨナラ・・・・


これで本当に見納めです。
ファインダーから目を離して、姿が視界から消えるまで我が目で見送りました。



2016年12月7日水曜日

結局買ってしまった『富井電鉄 猫屋線』。

今年のナローの話題の一つがトミーテックの新展開・『富井電鉄 猫屋線』です。
87分の1に馴染んできたナローゲージャーからは80分の1での製品化についての違和感が話題になっていました。

ホビーショー会場で

トミーテックのラインナップから考えると妥当でしょうし、新しい顧客層を開拓する点でも良いのでしょうが、これまで87分の1で車輌を揃えてきた身からすると微妙でありました。

駄菓子菓子!
いざ発売になるとナローのお仲間が続々と購入している模様。
Twitter見ていると続々登場します。
これはやっぱり欲しいかも・・・。
抑えていた気持ちが揺れました。

買っちゃいました・・・

で、結局は買っちゃいました嗚呼!!

これは心象鉄道ですね。

パッケージには猫屋線の路線図が。
トミーテックなりの心象鉄道ということですね。

なかなか良いですね

早速パッケージを開けてみました。
手摺付近がちょっと変な感じですが、全体で見るとそれなりに出来ています。

これがイメージでしょうね

気動車についてはこれがイメージでしょうね。
客車はモロ尾小屋です。
塗装はどう見ても仙北鉄道でしょう。
塗り替えたら、なんちゃって尾小屋鉄道にすぐなりそうです。

87分の1とならべてみた・・・

手元にある似たようなデザインの気動車と並べてみました。
比較的大柄な車輌なので、手前に87分の1を置くとそれほど違和感は無いようです。

前から見ると・・・

前寄りから見るとこんな感じ。
まあ、同居させても大丈夫かな、という感じですね。
実物だって大きさは結構バラバラですし。

拙作試作品と

試作が完了した木造単線機関庫に乗っけてみました。



どのようにいじるか、冬休みの楽しみにしたいと思います。

2016年12月5日月曜日

銚子のデキを見に行く

市川の現代産業科学館に銚子のデキ3がやって来て、灰色になって展示されているということで、コレは見に行かねばと思っていました。
しかしながら、あれこれしているうちにどんどん時間が経ってしまい、結局は会期が終わるギリギリになってしまい、先週末に慌てて行ってきました。

10-240 16.12.3 東大島

市川の科学館の最寄り駅は本八幡駅とのこと、行きがけの駄賃で都営新宿線の10-000形を東大島で待ち構えて撮影することに。

10-249 16.12.3 東大島

来るまで一時間近く待ちました。
この日はこのひと編成しか見れませんでした。

16.12.3 現代産業科学館

そして、本日の目的地へ。
本八幡駅から結構遠かったです。

デキ3 16.12.3 現代産業科学館

デキ3、グレーのカタログカラーが新鮮です。


デキ3 16.12.3 現代産業科学館

屋根上は至ってシンプルなのですね。

16.12.3 現代産業科学館

こちらも見てみたかった茂原の人車の生き残り。
下廻りが無いので、一歩間違えたら駕籠屋の駕籠みたいにも見えます。

16.12.3 現代産業科学館

科学館の常設展示もそれなりに面白かったです。
こちらは気になってしまった発電所の模型にあったトロッコ。

16.12.3 鬼越ー京成八幡

博物館見学後、次の予定まで時間があったので京成電車を見に鬼越まで散歩することにしました。
川沿いの桜並木もすっかり葉を落として冬景色です。

16.12.3 鬼越ー京成八幡

冬至も迫って来て、陽が落ちるのが早いです。

3618 16.12.3 鬼越ー京成八幡

この区間は写真は撮りやすいのですが、来る電車がどれもこれも自分にはつまらないです。

16.12.3 鬼越ー京成八幡

そこで、いろいろな角度で撮って見たりします。

16.12.3 京成八幡

駅の周辺風景は良い感じですね。

16.12.3 京成八幡

ホームギリギリ停車の雰囲気も昔日の郊外電車っぽい。

忘年会会場

そして、今年初めての忘年会会場に到着。

乾杯イエイ

昼間はデキ、夜は大宴会、楽しい一日でした。


2016年12月4日日曜日

17M国電の廃車回送 その1回目

南武線から73系電車が引退した後も活躍を続けていた浜川崎支線の17車メートル級電車もついに廃車の順番が回ってきました。

廃車回送先は大船工場でした。
直線距離では目と鼻の先のような中原電車区と大船工場ですが、その回送コースは結構面倒なコースを取っていました。
中原電車区からは立川方向へ向かいます。
そして南武線立川から青梅短絡線で一旦西立川へ、折り返して青梅線で立川へ、ここでまた折り返して豊田電車区に行って何故かここで二泊。
翌々日に豊田から新宿、山手貨物経由で大船へというコースです。

当時の運転時刻のメモは・・・

『16003+11270+(40073)+40033+16215+11244
12/10
武蔵中原13:10ー立川13:51-中神14:02ー立川14:23ー豊田14:30
豊田で40073を増結。

12/12
豊田13:25ー新宿14:09-14:26品川14:37ー大船15:15
来年3月にもう一回 』

とあります。

ED16 8 80.12.10 青梅短絡線

この電車の撮影場所をどこにするかは迷いました。
そして結局選んだのは立川付近のトライアングル地帯です。
この場所を選んだのは、通常走らない区間である事が一番の理由ではありますが、それ以外に中神、立川と2回の折り返しで都合3回も電車が撮れるという欲張りができることも理由でした。

早めに到着して撮影場所を探してウロウロしました。
この短絡線の本来の利用者(車?)がやって来ました。

クモハ11244 80.12.10 青梅短絡線

待つこと暫し、目的の電車がゆっくりとやって来ました。
モハ31形のお顔は大好きです。
このお顔をちゃんと拝めるのもこの時がほぼ最後でしょう。

クハ16003 80.12.10 青梅短絡線

青梅短絡線を行く5連の回送列車。
中間に同時廃車のクモハ40も挟まれていました。
反対側も31系電車でした。
どうせなら30系のクハを期待したのは贅沢でしょう。



クハ16003 80.12.10 西立川ー立川

撮影後は、場所を青梅線の方へとそそくさと移動して待機。
中神で折り返し立川に向かう回送電車が来ました。

クモハ11244 80.12.10 西立川ー立川

立川の市街地をバックに二度と通らない線路を踏みしめてゆきます。

クハ16003 80.12.10 立川ー日野

次は立川折り返し豊田に向かう電車を狙ってダッシュします・・・・ハァハァ。
今度は時間の余裕がなくアヘアヘしている間に発車時間を迎えてしまいました。
そこで残念ながらモロ逆光のカットしか撮れずに消化不良となってしまいました。

予定していたカット見本
EF60503 80.12.10 立川ー日野

本当はこんな感じをイメージしていたのですが、この場所までは辿り着けませんでした。
やはり、二兎を追うものは一兎を得ずの見本ですね。


中一日開けた12日です。
この日は生憎の冷たい雨が結構な勢いで降る日になりました。
ぶどう色に雨の組み合わせは最悪のコンディションですが、そんなことを言ってはいられません。

クハ16003 80.12.12 五反田

今度は山手貨物線を行く姿を撮る予定で、五反田で待ち構えました。
豊田でクモハ40形を一両増結した6連で雨の中をやって来ました。
山手線のATCと被らないかハラハラドキドキ。

クハ16003 80.12.12 五反田

偶然、貨物線反対側からはEF15牽引の貨物列車がやって来ました。
酷い写真ですが、記録できたことは良かった気がします。

クモハ11244 80.12.12 五反田

振り向いた後ろ姿です。

クモハ11244 80.12.12 品川

まだ追っかけます。
品川に追いかけてもう一回。
ホームでこの電車を待ち構えていたのは画面に写っている程度の人数しか居ませんでした。
情報の氾濫する今だったら大変でしょうね。


クハ16003 80.12.12 品川

雨の中でのちょっと消化不良の都内走行の17M電車最期の姿。
これは3月予定されているもう一回の運転でリベンジしなければいけないと心に決めました。

2016年12月3日土曜日

年末の大掃除  ランダムガラクタ画像

今年も残すところ一か月を切ってしまいました。
早いものです。

さて、12月といえば、年賀状と大掃除です。
スキャンしたものの、ブログ記事に乗せ忘れたり、記事にまとまらなかった残念画像がファイルにたまって来たので、この機会に画像データファイルの大掃除であります。

デハ3462 79.11.21 大岡山

最初のガラクタ画像は地平時代の大岡山、大井町線のデハ3450形です。
手前側の塀も低いのが当時は当たり前でした。
今ならフェンスで囲われて撮れなくなっているでしょうね。

5121 94.8.20 立会川

京急立会川での都営5000形。
全廃が1996年はじめだったので、晩年の姿です。

6191 95.5.28 府中市郷土の森

府中市郷土の森に保存されている都電6000形。
あまり健康そうでない健康センターゆき電車になっていました。

96.9.6 馬庭ー吉井

上信電鉄馬庭付近で信越線に向かうついでに立ち寄って一枚だけ撮った上信電鉄。
当時はピンク一色だった元西武401系電車が来ました。

87.2.21 細倉

こちらは、大学の仲間と温湯温泉に行った折に立ち寄った栗原電鉄。
山から俯瞰する有名な撮影場所に向かう途中で乗って来た電車が戻って来ちゃった場面です。
電車に各人各様の反応をしています。


1155 79.3.18 的場町

広島に飛びます。
猿猴川を渡る元神戸市電。
今は変な色に塗られて残念な感じになっていますが、スマートな電車ですね。

EF64 10 89.6.17 松本ー南松本

次は松本に飛びます。
古いバスがいっぱい走っていた松本電鉄バスの車庫にお邪魔した時に偶然見かけたEF64重連の貨物列車。

オハフ501 91.3.23 北方真桑

長良川鉄道の北方真桑駅は名鉄揖斐線のすぐそばでした。
雨の日にちょっと立ち寄った駅構内には客車が留置されていました。
旧型客車は最初はケバイ塗装でしたが、この当時は渋い塗装に変更されていました。
今残っていたら人気だったかもですね。

オハフ501 91.3.23 北方真桑

以上、大掃除対象になったガラクタ画像ファイルでした。