古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2017年9月21日木曜日

アメリカの鉄旅 その6 コロラドレールロードミュージアム

ナローゲージコンベンション関係のご紹介が一通りおわりました。
ここからは実物編です。

広い!

以前に書きましたように、コンベンションは昼間はクローズですので、その間にレイアウトツアーと合わせて保存館、保存鉄道も見てきました。
道路はどこも広く、さすがは車社会の国です。

初めてみたアメリカ車

道すがら初めて見たアメリカの車輌はタンク車でした。

到着

向かったのはナローゲージ車輌に関しては北米でも有数の輌数を収蔵しているコロラドレールロードミュージアムです。

17.8.31  駅舎風の本館

491 17.8.31

ミュージアム内にはエンドレスの線路があって、何かしらの車両が走っています。
今回訪問時はリオグランデのK-37が走っていました。
491 17.8.31

カーブはかなりきついのですが、大きな機関車がちゃんと走っていました。
因みにこの機関車はスタンダードゲージから改軌された機関車です。


17.8.31 木造客車

客車もよい状態です。


5771 17.8.31

展示車輌はナローゲージが大半ですが、スタンダードゲージの車輌もあります。

318 17.8.31

まるで動いているかのような状態で保存されているC-18。

346,191 17.8.31

扇形庫にも美しい状態の機関車が展示されています。

17.8.31

こちらはRGSのパーラーカーです。



6 17.8.31

こちらは、以前から見たかったRGSのグースです。

7 17.8.31

グースは三輌保存されています。

ちゃんと見出したら丸一日かかってしまいそうなミュージアム。
駆け足ながら堪能しました。

17.8.31

帰途出会ったLRTです。
最近は路線網も充実しつつあるようです。

2017年9月20日水曜日

名電山中とパノラマカー

アメリカ連続では辟易する方も多いでしょう。
本日は閑話休題、パノラマカーです。

名電山中駅は名鉄本線では一番ひなびた印象の駅でしょう。


91.3.31 名電山中

名電山中駅を通過するパノラマカー。

91.3.31 名電山中
ホームの雰囲気はローカル線です。

91.3.31 名電山中

駅舎はなく、道路からいきなりホームに行けるバリアフリー(?)設計です。

91.3.31 名電山中
岐阜に向かう急行列車。


91.3.31 名電長沢ー名電赤坂
同駅付近は撮影にも最適です。
こちらは名電長沢ー名電赤坂間で撮ったパノラマカーの6連。

91.3.31 名電長沢ー名電赤坂

こちらは4連×2本の8輌編成。
当たり前だった光景もいつの間にやら過去帳入りしています。


2017年9月18日月曜日

アメリカの鉄旅 その4 レイアウトツアー前編

アメリカの鉄旅、4回目はコンベンションのもう一つの楽しみ、レイアウトツアーのレポートです。

R/Rマークが目印

レイアウトツアーで公開されるお宅についての情報は、個人情報が多いのでラフな事前案内以外は参加者のみの公開となっており、実際にレジストレーションをしてからでないとどこにそのご自宅があるのかはわかりません。
情報をもらってから地図と各公開先のスケール、ゲージ、レイアウトとしての完成率、公開日時などを照らし合わせてどこに訪問するかを決めます。
勿論、よくわかっている方の事前情報も大変参考になります。


最初の訪問先

こちらは、最初の公開先です。
じつにゆったりとした郊外型住宅街に立地しています。
こんな機会がないとアメリカの個人宅潜入なんてできないので、レイアウトも興味津々であるのはもちろんですが、アメリカンな生活を垣間見る方も実は興味津々なのであります。
こちらのお宅は同行した名取さんのお知り合いということもあって、まずは表敬訪問も兼ねていました。

ご自身の販売コーナーも

人気のあるレイアウトはスペースの都合もあって、順番待ちになります。
その間は控え室のご自身販売コーナーも用意されていたりしました。
ティンバートレッスル3ドル強なんていう破格品もあって食指が動きます。

レイアウトは地下

順番が来ました。
案内されたレイアウトルームは地下にあります。
後で分かったのですが、あちらでは地下レイアウトが非常に多いようです。
湿気のなさも関係しているかもです。
もちろん湿気臭さはまったくありませんでした。

典型的なアイランド型

レイアウトは自宅敷地の地下丸ごとという大規模なもの。
とても全貌は写真では表現できません。

二層のレイアウト

壁に沿ってアイランド型があちらの標準的レイアウト構成ですが、二層式レイアウトもどうやら標準的のようです。

照明の工夫

上層に光線を阻まれた二層目の照明は今やテープLEDが主役です。
白色と電球色をうまく使い分けていました。


二軒目

二件目のご自宅です。
こちらは訪問者で結構な列になっていました。

やはり地下

こちらもレイアウトルームはやはり地下でした。

充実した工作室

階段の裏側は工作室になっています。
工作室の様子をみれるのも楽しみです。

コモの機関庫

エントランス付近にあった石造の扇形庫はC&Sというナローゲージ路線にあったのコモの機関庫のようです。
模型では人気があって、あちこちでこの機関庫を見ることがあります。
この石造機関庫、この後運よく実物を見ることになります。


上下昇降機構

こちらのレイアウトでびっくりしたのは、このエレベーターのようなもので、多層建てのレイアウト間を列車ごと載せて上下させる構造になっていました。
レイアウトは3層になっており、最上段の見えないところはヤードフロア、そして2層目と3層目が実際のシーナリーつきレイアウトになっていました。

拘った植生

今回お邪魔したレイアウトの中でもっともインパクトの強い仕上がりであったのがこのレイアウトで、細部の作り込みもさることながら植生への拘りも素晴らしかったです。

池もすごい

池の表現も素晴らしいです。

レイアウトツアー、後編につづきます。


2017年9月17日日曜日

アメリカの鉄旅 その3 コンベンションのレイアウト

アメリカの鉄旅、三回目です。
今回は、コンベンションホールに展示されていたモジュールレイアウトのご紹介です。

レイアウト展示風景


広いホールには3つのモジュールレイアウトが展示されていました。

HOn3のレイアウト


こちらはHOn3のレイアウトで、ちょっと大味かな。

On3のレイアウト


こちらはOn3とHOn3のレイアウトで、背中合わせに配置されています。
線路はどちらもエンドレスの半分は背景板の後ろ側を走っており、モジュールの見える側は片側のみという配置になっています。

ガゼットで見た憧れ作品


On3のモジュールレイアウトで一番目を引いたのはこちらのモジュールです。
こちらの作品は以前ガゼット誌に発表されたもので、すごくインパクトを受けて、ほぼそのまま私も作ったほどです。

パクった拙作

こちらが、そのパクり作品です。


こちらも痺れる・・・


細部まですごい


立体感のあるコーナーモジュール。
細部まで作りこまれていて、見ごたえがあります。

こちらも痺れる・・・


数々の賞を受賞した経歴のあるらしい、駅を中心としたモジュール。
作り込みは素晴らしいものでした。


こちらはちょっと軽めのOn30


こちらはOn30のレイアウトです。


コンセプトが勉強になったモジュールレイアウト


こちらはHOn3のモジュールレイアウト。

全景


このレイアウトの特徴は線路は一方通行で、コーナーモジュールでUターンした線路は各モジュールの背面に敷設されている線路を走る構造になっていることです。

唯一のクローズタイプのモジュールレイアウト


こちらはNn3のモジュールレイアウトです。
こちらの特徴は見せるアングルを絞った完全密閉型モジュールであることです。

スケールメリットを生かして・・・

Nn3というスケールを生かした長大なティンバートレッスルのモジュール。

割り切りがすごい


こちらは、伐採現場のヤードをイメージしたモジュール。



アップするとこんな感じです。


よくできています



Nn3とは思えない出来です。



アメリカらしいモジュールレイアウト


アメリカらしいモジュールレイアウトもありました。

つづく