古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2017年2月19日日曜日

<お知らせ> 木造単線機関庫、発売します!

本日は宣伝です。

私の初めてのオリジナル商品、『木造単線機関庫』、本日から発売します!
詳細はChitetsu Corporationの下記HPからご覧ください。

こちら➡
https://chitetsu-corp.jimdo.com/新発売-木造単線機関庫/

完成見本

こちらが、完成見本です。
簡単なジオラマふうに仕上げてみました。
もう少し細かい画像と製作過程のダイジェストは21日発売のRMMにも掲載します。

骨組み

こちらは完成品を製作中の骨組みです。
ベーク板のレーザーカットはその材質から大変精度の高い加工が反映できますので、凄くキッチリと尚且つ強度も確保できる点が一番の『ウリ』です。
これはこれで結構個人的には萌えました。

骨組み完成


機関庫本体の基本部分が組めた様子です。
窓枠もこの1.6mm厚の骨組みの内側に2段の彫り込みをして収まっています。

完成状態

こちらは完成状態です。
屋根のトタンも今回ベーク板で新規製作、二段の張り合わせ部分も肉厚を落としてリアルな厚みを再現しています。

左はちょっとウエザリングを施した仕様で、右はストレート組みです。


出荷準備中

こちらは、出荷準備中の様子です。
初めての経験で、梱包材の調達やパッケージングでも結構右往左往、商品として形にする難しさを体験しました。

車輌模型と比べて興味を持つ方も少なく、評価も低めのストラクチャーのキット、尚且つ思ったよりも価格が張ってしまったのも心配・・・。
果たしてどれだけ売れるのか大変未知数で、ドキドキものです。
いざ、モデラーの方々の手元へ・・・届くと良いなあ。。。

本日から順次納品を開始しました。

商品に興味をいただいた方へ。

店頭での販売は・・・
さかつうギャラリー
エコーモデル
IMON池袋店
IMON大井点
IMON横浜店

ネットでの販売は・・・
ホビダスショップ

イベントでの販売は・・・・
スワップミート同窓会(3月5日・練馬ココネリホール)


以上の予定です。
宜しければ、皆様の鉄道で導入して頂けると大変嬉しいです。


2017年2月18日土曜日

結構撮っている101系電車 その2

101系電車第二回目です。
二回目は(も)中央線のオレンジ色とカナリヤ色の電車です。

78.10.14 御茶ノ水ー秋葉原

昌平橋から見た黄色い電車。
東京らしい風景で好きな場所です。

17.2.16 御茶ノ水ー秋葉原

同じところで撮ってみました。
風景は今も昔も基本的に変わりません。

クモハ101-3 78.10.14 御茶ノ水

御茶ノ水橋から見たカナリヤ色の電車。

クモハ100-30 78.10.14 御茶ノ水

聖橋と101系電車。
この風景もバリアフリー化工事で変わろうとしています。



クモハ100-31 80.2.27 千駄ヶ谷ー信濃町

いたずら書き電車です。
この種の電車は基本撮るのは避けていましたが、一本ぐらいは撮っておこうと思ったのだと思います。


クハ101-75 80.2.27 千駄ヶ谷ー信濃町

振り向いて撮ったいたずら書き電車。
ストのたびにいたずら書き電車が登場してガックリしましたが、この年辺りがその最後であったような気がします。

クハ101-9 82.3.29 阿佐ヶ谷

阿佐ヶ谷にてクハ101形先頭の快速線電車。
中央快速というと私はどうしてもこの電車のイメージが抜けません。

クハ101-13 82.3.29 阿佐ヶ谷

遠くに荻窪の青梅街道の陸橋が遠望できます。

クハ101-20 79.9.3

既に103系が入っていたこの頃は、夏場は非冷房の101系は特快運用には基本入りませんでしたが、たまには運用に入っていました。

クモハ101-31 78.10.12 荻窪

学生時代の定番撮影地、荻窪の環八交差地点にて。

79.1.19 荻窪

こちらは荒れた画像ですが、休日運転のみたけ、あきがわ号です。

クハ101-14 79.1.19 荻窪

振り向くとあきがわ号です。
後の3輌は武蔵五日市ゆきです。

2017年2月16日木曜日

31年前の今日 東武のカステラ電車 

久々にタイムカプセルシリーズです。
今回は31年前の今日・1985年2月16日、東武線の景色です。

85.2.16 川角ー西大屋

単線の桑畑の中を往くカステラ電車。

モハ7872 85.2.16 川角ー西大屋

後ろパンタの7800形後期車を先頭にした4連。

モハ7872 85.2.16 川角ー西大屋

冬枯れの風景そのものの、寒い一日でした。

2017年2月15日水曜日

東北本線 石越にて

東北本線の石越駅には栗原電鉄訪問で何度か行ったことがあります。

87.2.21 石越

石越駅です。
どことなく東北らしいうら寂しさが感じられる風景、好きな風景です。
画面左手には栗原電鉄の石越駅が隣接して建っています。
かつては全国各地で見られたこのような風景、今は探すのも大変なぐらい減少してしまいました。

キハ58543 82.3.15 石越

栗原電鉄を見に行った時に石越駅を初めて訪れた時の写真です。
改札口を入ったら3輌編成の盛発の急行列車『むろね』が止まっていました。
急行列車といっても非冷房です。
この列車で仙台へ、そして急行まつしまに乗り継いで福島交通へ向かいました。

キハ58741 82.3.15 石越

この上りの急行列車『むろね』は特急『みちのく』通過待ちで少し早めに到着していたようです。
そこに、下りの急行が。
こちらも気動車急行『むろね』です。
急行『むろね』は多層建て列車で、『むろね』が盛ゆき、『陸中』が宮古ゆき、『たざわ』が秋田ゆきで、その上途中花巻からは『はやちね』を併結する凄い列車です。

キハ58466 82.3.15 石越

こちらは多層建て列車らしく、長編成です。
以前はこのような長編成の気動車急行が架線の下を走るというシーンは良く見かけました。

82.3.15 石越

画面脇のスイッチャーも撮ってありました。
画面奥にはくりでんの電車が写っています。

00.9.13 石越

その後の石越駅です。
既に急行列車がすれ違うことなど無くなってしまいました。

2017年2月13日月曜日

Gフェスに行ってきました 後編

刺激的なGフェス、後編です。

ボシさんの西武線レイアウト

後編はモジュールレイアウト以外です。
まずはボシさんの西武線レイアウト。

奥に怪しい機関車が

今回はゆっくり拝見できました。

近作の西武線

こちらもボシさんの近作。
先般のとれいんで発表された作品です。
現地を知っているだけに親近感が沸きます。

卓さんの押入れ線

卓さんの押入れ線も押入れから出てきていました。
このレイアウト、じわじわ進化していますね。

只見線

こちらは只見線。





本物を見るような超リアル作品です。

姨捨のスイッチバック

こちらは姨捨のスイッチバックレイアウト。



色々と参考になるイベントでした。

2017年2月12日日曜日

Gフェスに行ってきました 前編

昨日、ホビーセンターカトーで週末に開催されているGフェスに行ってきました。
昨年のJAMですっかり飲み友達化してしまった激団サンポールの皆さんに会いに行くためです。

17.2.11 KATO

早速入ってみます。

コンペもしてました

不思議なことに一階には案内がありません。
場所のアタリはついていたのでわかりますが、案内貼ってくれればいいのにと思いつつ。
今回のGフェスのお題は『つながるモジュール、すべて駅』です。
そして、すべて新作!
作りかけでお茶を濁すのは禁止!
だそうです。
さすが、激団です。

飛田駅!

いきなり目に入ったのは、UCCさんの飛田駅!
あの、飛田を再現しているビックリモジュールです!

これは!

これは、ちょんの間じゃないですか!
リアルに怪しいです!

反対側にも!

反対側にも!
お客さんを待っています。

解説付きです

TOBITA RedZoneの解説付きです。
嘆きの壁の解説もあります。

特急がゆく

嘆きの壁をボンネット特急が通過します。
うーむ、これは凄いものを見てしまいました。

ボシさんの駅

こちらはボシさんの駅シーン。
草むした側線と瞬殺で作った架線が映えます。
どこかで見たような風景作るの、うまいですね~。

卓さんの京急神奈川駅

JAMでも拝見した京急神奈川駅が完成していました。
お人柄があらわれる、きっちりとした造りです。

からんださんの北恵那

こちらはからんださんの北恵那交通。
中津町の雰囲気を凝縮しています。
車輌は全自作の北恵那電車とヨーロッパ型が同居しています。

車庫の雰囲気

車庫の雰囲気も良いですね。

鉄ちゃん倶楽部の飯田橋

鉄ちゃん倶楽部作品も参戦。
作者は徹夜でめちゃ眠そうでした・・・。
お疲れ様です。

今日もやってるにゃ~

前編は以上です。
今日、日曜日もやっています。
目の保養になりますよ!

2017年2月11日土曜日

結構撮っている101系電車 その1

旧制能国電一途であった若い頃、フィルムの関係もあって新性能国電はカメラを向けませんでした。
ところが、何故か101系だけは通学でお世話になったせいもあってか親しみが持てて、割と写真を撮っています。
エリアは殆ど中央線関係ばっかですが、今回はそんな101系をまとめました。

クモハ100-27 79.3.19  天王寺

トップバッターは関西の101系です。
パンタグラフは首都圏ではどんどんPS16化されていきましたが、関西ではPS13が結構残っていました。
この時もPS13が懐かしく思えました。


クハ101-8 79.4.5 東中野ー中野

ご存知、桜の名所です。
配給電車が来るまでの時間にやって来る101系はついつい撮ってしまいます。
快速上り線のオレンジ車。

クハ101-5 79.4.5 東中野ー中野

快速下り線のオレンジ車。


クハ101-11 79.4.5 東中野ー中野

緩行上り線のカナリヤ車。


クモハ101-901 77.8.2 中原電車区

こちらは南武線で見た試作車です。
正面の露出した縦樋や、ジャンパ栓受け、乗務員扉など量産車と異なる形状になっています。

モハ100-64 78.6.3 三鷹電車区

おまけ。
三鷹電車区で見たモハ100の連結面。
いつかは模型にしようと思って撮ったものですが、未だに具体化していません。