古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2018年6月23日土曜日

ウェールズの汽車旅 その15  タリスリン鉄道

ウェールズの汽車旅もいよいよ終盤です。
今回の汽車旅最後の訪問線区はタリスリン鉄道(Talyllyn Railway・TR)です。



こちらがその路線図です。
軌間は686mm、延長は11.7Kmです。

この鉄道もスレートを鉱山から産出して港まで運ぶための鉄道として敷設されたものです。


18.5.10 Tywyn Wharf

こちらが始発駅Tywyn駅の様子です。
駅自体は近年になって建て替えられたもので、観光保存鉄道として整備されています。
沿線にはハイキングコースが充実、そのためのアプローチ路線としても利用されています。

18.5.10 Tywyn Wharf

こちらが当日乗車した列車です。
可愛らしい機関車が牽引する古き良き時代の雰囲気を感じさせます。
この鉄道と『きかんしゃトーマス』は縁深いものがあるようです。
原作者のウィルバート・オードリーはキリスト教の聖職者で、初期はタリスリン鉄道で車掌などのボランティア活動もされており、この沿線の風景が『きかんしゃトーマス』のモチーフの一つになったと言います。



18.5.10 Tywyn Wharf

改築された駅構内にはミュージアムが併設されており、貴重な機関車をはじめとした資料が展示されています。
ここは無料で入場が出来ました。
今回は模型でしか見れなかった縦釜がこちらを含めて複数見れたのはさすが鉄道の国です。

18.5.10 Rhydyronen

今日はこの鉄道だけなのでゆとりです。
列車でまずは一往復することにしました。
こちらは始発駅の次の駅・Rhydyronen駅の風景です。
ここに機関庫があります。

18.5.10 Dolgoch

途中駅もなかなかいい感じの駅が続きます。
ハイキング客がそれなりに乗降します。


18.5.10 Nant Gwernol

終点に到着です。
こちらは終点,Nant Gwermol駅到着後の機回しの様子です。
現役時代はこの先にインクラインがあって、鉱山からのスレートを積んでいたようですが、今見るとそんなスペースがどこにあったのかと思えるほど狭い構内でした。

18.5.10 Abergynoiwyn

列車は終点からひと駅手前の駅で小休止を必ずします。
この時間でランチをどうぞ、ということになっており、レストランが併設されています。
そこで、我々も思い思いにランチタイムとしました。
折角なので汽車のシールが貼られたご当地ビールをいただきます。
左のサンドイッチはあちらではどこでもあるものなのですが、パンがバサバサで飲み物と一緒にかき込まないと食えないような代物です。

18.5.10 Brynglas

一往復の汽車旅を堪能後は、車で追っかけ一往復します。
行きがけにロケハンしていた場所に行って、列車を待ちます。
か細い汽笛と共に可愛らしい列車がやって来ました。

18.5.10 Brynglas

ここは信号所なので、一旦停止して信号扱いをします。
信号所建物と小さな機関車の組み合わせは模型か?と思わせるようなシーンです。
機関車も信号所建物もきれいに整備をされ(すぎ)ていて、ウエザリングしたくなってしまいます。

18.5.10 Brynglas

今回一番お気に入りの鉄道シーンはこれでした。
素晴らしい!のひとこと。
あちこちから何枚も後悔しないように記録をしました。


18.5.10 Brynglas

汽車の後ろ姿も可愛いです。


18.5.10 Abergynoiwyn

この列車も途中駅でランチタイムがあります。
余裕で追い抜いて、汽車を待ち構えます。
風光明媚な路線ですが、汽車を撮れる場所は意外と制限されます。
ここでちょっとイギリスの撮影事情をコメントします。

道の左右は柵(左)か生垣(右)で完全ブロック

イギリスの鉄道はビックリするほど線路に近づくのが容易でありません。
理由は
①道の左右には必ず柵か生垣があってそこから近寄れない(上の写真みたいな状態が神経質なほどにまでどこまでも続くのです!)
②踏切がほとんどない
③道路も左右に余裕がなく、生垣かスレートの壁に阻まれて駐車が容易でない
この3つです。
そのため、風光明媚でも上のどれかの要因に引っかかって思うように撮れません。
ここは数少ない踏切から狙ったものです。


では、追っかけを続けます。

18.5.10 AbergynoiwynーDolgoch

牧歌的な風景を走る列車。
これも結構生垣で下廻りが隠れるところが多いのも泣き所です。

18.5.10 Rhydyronen

始発駅の次の駅、Rhydyronen駅手前には原始的な踏切が健在です。
列車が来た時に列車の方が止まって踏切扱いをするというなんとものんびりとしたものです。
写真のように列車がいったん停車。
乗務員が踏切を封鎖します。

18.5.10 Rhydyronen

そして、列車が通過。

18.5.10 Rhydyronen

また閉じます。

18.5.10 Rhydyronen

こちらの車庫にもお邪魔しました。
職員の方が丁寧に構内を案内してくれました。

18.5.10 Rhydyronen

そのようなことをしているうちに先ほどの列車が戻ってきて、機関車も入庫です。

18.5.10 Rhydyronen

客車も入庫して本日の運行は終了です。
そしてウェールズの汽車旅もこれで訪問予定のすべての鉄道を予定通り見ることが出来て、滞りなく終了です。

2018年6月22日金曜日

城東電軌の福島交通モハ1102

城東電軌初の電車製品となった福島交通の電車の第二弾が発売されました。

同社公式サイトから

SNS上でその試作品の経過が発表されていたので、プロポーションも確認済みで、発売が楽しみでした。

届きました!

その製品が掛川から届きました!
今回の製品は福島交通の電車らしい前面中央窓が大きく、木造車を戦後鋼体化したモハ1102号がプロトタイプです。
同車と似たスタイルの電車はモハ1101~1113まであり、同線最大勢力のグループに当てはまります。

さて、キットはどのような構成になっているのでしょうか?

キットはこんな感じ

キットの車体関係の様子です。
車体は内張側がベースになっていて、外板がその上に張り付ける構造が今回も採用されています。
これからゆっくりと組んでゆきたいと思います。


それでは折角なので実車編です。

1967.7.4 Cedarさん撮影

 ブログお友達のCedarさんが今回のプロトタイプの1102号を記録されていましたので、ここに掲載したいと思います。
電車の2倍ぐらいの併用軌道を走る1102号の姿です。
同車輌の車体幅が1,676mmであるを考えるとこの道は4mあるかないかで、ふつうの私道と大差がない幅であることが分かります。


1967.7.4 Cedarさん撮影

砂利道のこの街中を行く姿もたまりません。

1119 97.9.17 福島市 瀬上小学校

プロトタイプのノーシルノーヘッダーの鋼体化タイプの保存車は見ることが出来ず、自分が見れたのはシルヘッダー付きの1119号でした。
車歴はこちらの方が若いですが、車体自体はこちらの方が古いです。

1119 97.9.17 福島市 瀬上小学校

小学校の校庭脇に置かれていて、窓ガラス破損防止の柵がついていました。

1119 97.9.17 福島市 瀬上小学校

雨の早朝の訪問でしたので、あまり良い写真が撮れていません。

1119 97.9.17 福島市 瀬上小学校

校庭と反対側は柵はありません。

1119 97.9.17 福島市 瀬上小学校

この実車、現在も再整備されて健在だそうです。
工作に合わせて再訪問してみたくなってきました。



2018年6月21日木曜日

ウェールズの汽車旅 その14  ブリティッシュレイルのカンブリア線

今回は閑話休題、スタンダードゲージの旧国鉄線=現・ブリティッシュレイルの様子をご紹介します。

18.5.10 Machynllech

こちらはカンブリア線というこの地区をつなぐ路線です。
こちらはその路線の中で比較的大きな駅。マッキンリー駅です。
さすがに立派な構えです。

18.5.10 Machynllech

駅構内はこんな感じです。

18.5.10 Machynllech

駅舎全体を見ます。
これだけ大きな建物のどれだけが利用されているのかわかりませんが、2階がホテルになっていてもいいような姿です。

18.5.10 Machynllech

駅の反対側は車庫になっています。
日本でいう気動車区のような感じで、始業前の気動車編成が何本かスタンバイ中でした。

18.5.10 Machynllech

駅舎の反対側が検修庫になっていました。
イギリスの車輌はどうも貫通扉を窓無しにするのが普通のようで、どうも違和感を感じます。
車体の断面も車輛限界の関係からでしょう、結構すぼまっていて決して車内は広くなさそうです。


2018年6月20日水曜日

カメラでスキャン作戦 近鉄内部・八王子線

カメラでスキャン作戦、ネガフォルダーの改造やスキャン方法の工夫をして、ほぼフラットヘッドスキャナと同じピントを得られるレベルとなり、実用上問題ない状態になってきました。
そこで、試しでリバーサルフィルムを一本分スキャンしてみましたので、その中からちょっとスキャン画像をご紹介したいと思います。

モニ214 81.8.30 日永

1981年の夏休み旅行で行った近鉄内部・八王子線の風景からです。
撮影場所はお馴染み日永です。
当時はリバーサルフィルムは貴重で、各路線数カットしか撮っていません。
ここでも3カットしか撮っていませんでした。
暑い残暑の昼間、八王子線の電車がやって来ました。
重厚な昭和初期の軽便電車です。

モニ226 81.8.30 日永

こちらは内部線のモニ220形の2連です。
北勢線から転属してきた車輌です。

モニ227 81.8.30 日永

こちらは編成の相方のモニ227です。
既にかなり近代化されつつありましたが、今から考えたら良き時代でありました。

近鉄の特殊狭軌線については、これ以外に以前スキャンして掲載した記事もあります。
その時のスキャン画像よりは随分画質が改善されています。
http://tsurikakedensha.blogspot.com/2012/03/blog-post_20.html

2018年6月18日月曜日

ウェールズの汽車旅 その13 レイドール渓谷鉄道 

今回はレイドール渓谷鉄道(Vale of Rheidol Railway・VRR)です。



こちらが路線図です。
軌間は603mmとこれまた微妙な数字、延長は18.9Kmとそこそこあります。
終点は悪魔の橋(Devil‘s Bridge)駅といい、ちょっと穏やかではありません。
こちらの鉄道はちょっとオマケで立ち寄った感じで、ほぼ予備知識ゼロでした。

18.5.9 Capel Bangor

イギリスらしい低い山並みの中をゆっくり列車が来ました。
残念ながらバック運転でした。

18.5.9 Capel Bangor

近づいてパチリ。
やはり603mという線路幅は狭いです。
機関車が軌道幅の3倍ぐらいありそうです。

18.5.9 Capel Bangor

生垣に阻まれてなかなか線路に近づけませんが、駅を出てゆくところも撮りました。

18.5.9 Aberystwyth

追いかけは叶わず、終着駅アベリストウィス駅に到着した姿を撮りました。


18.5.9 Aberystwyth

この写真の背中側を振り向くとブリティッシュレイルの駅があります。
立派な駅舎に例の窓無し気動車が止まっています。
レイドール渓谷鉄道自体も一時期国鉄に編入されていた時期があり、構内も一部共用で全体的に敷地、建物も広く、大きめです。

18.5.9 Aberystwyth

構内に居たかわいらしいディーゼル機関車。
まるで模型のようです。

18.5.9 Aberystwyth

先程の機関車が入庫しようとしています。
横から見ると随分角っぽいスタイルをしています。

18.5.9 Aberystwyth

この鉄道は、これにておしまいです。

ここから次の宿泊先・マッキンリーに向かいます。


18.5.9  Machynllech

天候が今一つで寒い一日でした。
宿泊先のホテルはクラッシクなホテルで、レストランには暖炉が灯っていました。
このホテルについてはこちら。
https://tatemonomeguri.blogspot.com/2018/06/blog-post_16.html


18.5.9  Machynllech

良い感じのレストランだったので、夕食もホテルのレストランで。
乾杯イエイ!です。
早いもので、ウェールズ汽車旅もすでに終盤戦です。