古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2019年3月27日水曜日

ぐるっと一周台湾の旅12 ようやく見れた阿里山森林鉄道

嘉義でホテルにチェックインしてから、タクシーで阿里山森林鉄道の北門へと向かいました。
北門には阿里山森林鉄道のの車庫や自由に見れる保存車輛などが展示されています。

19.3.3 北門

北門の駅舎です。
これも日本の駅の雰囲気に近いです。
森林鉄道の駅としては立派ですね。
阿里山森林鉄道の起点は嘉義ですが、隣のここ北門に車庫や検修設備がありこちらが阿里山森林鉄道の要衝駅となっています。

19.3.3 北門

北門の駅構内は広く、車庫への線路もあるために3本の線路があります。

19.3.3 北門

待っているうちに入れ換えの機関車が来ました。
踏切も今や日本ではほとんど見られない第一種踏切です。

19.3.3 北門

こちらは営業列車の回送です。
現役車輛はさすがに今風です。

19.3.3 北門

構内は比較的自由に見れます。
そして、ついに見れたシェイ。
後で分かったのですが、訪問前日にはこの機関車が走ったらしいです。

19.3.3 北門

その25号機の近くには23号機が。
こちらは現役引退して展示されているようでした。

19.3.3 北門

つながっている赤いオープンデッキ客車は実にいい感じです。

19.3.3 北門

そのまた後ろには塗装も外観も異なる客車が。
説明が見つからなかったので正体不明です。

19.3.3 北門
こんなディーゼル機関車もいたのですね。
ロッドがなんだか厳めしいです。

19.3.3 北門

そして、雑誌などでおなじみの中興號もみれました。
日車製のまとまったデザインの気動車で、駆動がロッド式なのが特徴です。

19.3.3 北門

ヘッドマークが似合います。

19.3.3 北門

北門付近には日本式建築を集めた文化村があって、懐かしい小物がいっぱい売っていました。

19.3.3 嘉義

そして、再び街に戻ります。

19.3.3 嘉義

こちらにも夜市があります。
色々な店を冷やかしたのですが、メンバー一同が納得できるお店が発見できず・・・。

19.3.3 なぜか駅弁屋

なぜか駅弁屋に入りました。

乾杯いえい!

ここもビール無しで、コンビニでお買い物。

19.3.3 北門

質素なお弁当の夕食になっちゃいました。

19.3.3 北門

おなかがイマイチだったので、もう一軒。

19.3.3 北門

肉飯食べて落ち着きました。

続きます。




2019年3月26日火曜日

ぐるっと一周台湾の旅11 台南から嘉義へ

台南から嘉義へと移動する途中で、ふと気になるものがあって途中下車しました。
下車したのは新営です。

19.3.3 新営
新営駅舎です。
国鉄時代の地方中堅駅のような佇まいをしています。


19.3.3 新営

そして駅の脇には、駅前日通もあったりします。
この辺りも日本とそっくりですね。

19.3.3 新営

途中下車したのは、この建物を目にしたからです。
日本ではとうに無くなってしまった構内の信号所です。
既に使われなくなって久しそうですが、残っている姿には感動しました。

19.3.3 新営

台湾的な雰囲気の場所でやって来たのはPP自強號です。


19.3.3 新営

そしてもう一つのサプライズはこちら。
精糖鉄道の線路です。
こちらの線路は実は保存鉄道として現役なのでした。
それにしてもデュアルゲージの軌道がここで見れるとは思っていませんでした。

19.3.3 新営

こちら側は廃止となった線路ですが、往時の雰囲気を残しています。


19.3.3 新営

そして再び莒光號に乗車します。
車内は大混雑。
デッキにようやく乗れました。

19.3.3 嘉義
そして、嘉義に着きました。
この駅も日本時代の懐かしい駅設備が残っています。


19.3.3 嘉義

まず立ち寄ったのはこの場所。
前回は車窓からパチリと撮っただけでした。

19.3.3 嘉義

阿里山への線路はあっけないくらいに単純な配線。
これを見ただけではあの阿里山がイメージできません。

19.3.3 嘉義
嘉義の駅舎です。
立派な洋風建物です。

続きます。



2019年3月24日日曜日

京急 横浜にて

横浜の戸部寄りには京浜東北線をアンダークロスする関係で京急線はかなり無理な線形をしているところがあります。
そこにある踏切からの写真は結構絵になる気がしています。

デハ2140 05.11.21 横浜ー戸部

まずはフラッグシップ電車。

デハ817-6 05.11.21 横浜ー戸部

だるまさん電車。
この車輌は既にご引退済みの編成です。

デハ1368 05.11.21 横浜ー戸部

1000形も元気です。

デハ2116 05.11.21 横浜ー戸部
編成がへの字になって坂を下りてきます。

デハ1348 05.11.21 横浜ー戸部
1000形も。

デハ1250 05.11.21 横浜ー戸部

だるまさん電車引退前にもう一回行ってみたい場所であります。

2019年3月23日土曜日

ぐるっと一周台湾の旅10 日本時代の遺構を見る

高雄市内の最新の鉄道、LRT見学後は日本統治時代の遺構巡りをしました。

19.3.3 保安


最初に訪れたのは保安車站。
日本時代の木造駅舎が残ることで有名な駅です。

19.3.3 保安

おー、これは!
まんま、日本ですね!

19.3.3 保安

違和感あるのは駅前の椰子の木ぐらいでしょうか。
入母屋造りの屋根もまさに『日式』です。

19.3.3 台南

次に向かったのは台南。
駅構内も日本の国鉄の雰囲気そっくり。
忘れ去れてた国鉄が、ここに残っていた・・・と言って過言でない気がしてしまいます。

19.3.3 台南

古い漢書体とあわせてレトロ感満載。

19.3.3 台南

市内に出ると途中に大きなロータリーがありました。
その周りの建物は軒並み日本時代の建物ばかりで、大連を思い出しました。

19.3.3 台南

そして見たかったのはこの建物、林百貨店。
戦前の日本の建築で、建築時は台湾ではこの林百貨店と台北のデパートの2か所にしかエレベータが無かったそうです。

19.3.3 台南

その向かいには勧業銀行(今のみずほ銀行)台南支店が。
立派な銀行建築です。


19.3.3 台南

そして、Cedarさん案内で20年前に行ったちまきの美味しいお店にご案内いただきました。

19.3.3 台南
これまでの食事とは一味違った昼食でまったり。

19.3.3 台南

お店の外観です。

19.3.3 台南
近くにはこんな味わいのあるお店も。

19.3.3 台南

台南の駅です。
駅舎は修復工事中で外観が撮れませんでした。
街も時間の関係であまり見れませんでしたし、是非再訪をしたい街でありました。


台南の建物についてはこちらもどうぞ
https://tatemonomeguri.blogspot.com/2019/03/blog-post_23.html





2019年3月22日金曜日

江ノ電へ。

先日所用があり、藤沢に行ってきました。
折角なので早起きして江ノ電もちょっと見てきました。

19.3.17 新宿

新宿からは快急・片瀬江ノ島行きに乗車。

18.5.3 片瀬江ノ島

全区間を乗車して片瀬江ノ島駅に到着。
さて、この駅舎はどうなっているのかが気になっていました。
多分無いんだろうなあ。。。。

19.3.17 片瀬江ノ島


やっぱり。
もしかしたらまだ残っているかと思って駅前に行くと、竜宮城はものの見事に無くなっていました。

そそくさと江ノ電に移動します。

355 19.3.17 江ノ島ー腰越

海沿いをテクテク歩いて定番の場所に。
いきなり目的電車が来ました。

19.3.17 龍口寺

折しも龍口寺では骨董市が開催中。
電車待ち時間にの時間つぶしには最適。


 19.3.17 江ノ島ー腰越
骨董市をバックに江ノ電。


501 19.3.17 江ノ島ー腰越

日曜日でも早めの時間帯は2輌編成というのがあるのですね。

19.3.17 腰越

腰越では外国人観光客も電車にカメラを向けます。

355 19.3.17 腰越

300形、やってきました。

355 19.3.17 腰越

この風景は何度見ても良いですね。


19.3.17 鎌倉高校前




19.3.17 鎌倉高校前

 今回の目的の一つはここです。
先般の台湾で見た有名スポットの元祖比較をしたくなりました。

19.3.1 大麻里

これは、似ているとも言えるし、似てないとも言える。。。。
微妙ですね。
混雑度合いはよく似ていましたが。

19.3.17 鎌倉高校前

二時間ちょっとの滞在でしたが、十分楽しめた気がします。