古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2017年12月17日日曜日

中央線を走る73系電車

過去に何回かご紹介している首都圏のクモハ73形を使った軌道検測列車、今回は中央線編です。

クモハ73351 79.11.21 信濃町

信濃町の緩行線を走る検測電車。
お客さんも何が来たのか?という顔で見ています。
脇を101系が追い抜いてゆきます。

クモハ73086 79.11.21 信濃町
振り向いて撮ったところです。
脇には飯田町からやって来た紙輸送のワムハチ列車がすれ違い中。


クモハ73086 79.11.21 信濃町

ホームの端で一旦停車したので、もう一回パチリ。


クモハ73086 79.9.3 西荻窪

これはまた別の日の検測電車。
何で快速線ホームから撮らなかったのか不思議です。

クモハ73351 79.9.3 西荻窪

当時としても貴重な列車、もうちょっと考えて撮るべきでした。


2017年12月16日土曜日

東武東上線8000系

東武東上線の8000系、池袋口から消えてからそれなりに時間が経ちました。

クハ8112 04.12.1 朝霞台

2004年、朝霞台で撮った8000系。
お顔をいじっていない編成も健在だった頃です。

クハ8108 04.12.1 朝霞台

こちらはリバイバルカラーになったクハ8108の編成。
これは、東上線の開業90周年を記念して塗り直されたもので、運用期間は約8か月でした。
リバイバルカラーにお色直しした時に、ダミーながらも、通過表示灯や通風口の蓋やサボ受けなども再現されるなど凝ったものになっていました。

クハ84118 04.12.1 大山

こちらはインフレナンバーのクハ84118です。

クハ8108 04.12.1 下板橋

このリバイバルカラー電車は運用がわからず、結局数回撮っただけに終わりました。

2017年12月14日木曜日

栗原電鉄 細倉

栗原電鉄探訪、ついに終点の細倉まで来ました。

M153 87.2.21 細倉

駅構内外れの踏切から細倉駅構内を見た風景です。

M153 87.2.21 細倉

電車をアップで見てみました。

 87.2.21 細倉

上り電車が出た後の駅構内。
奥では貨物列車がスタンバイ中です。

 87.2.21 細倉

駅舎正面。
存続運動のスローガンが貼られています。

C151 87.2.21 細倉

構内に置き去りにされていたトレーラー。
晩年はほとんど活躍の機会がなかったようです。

C151 87.2.21 細倉

運転台の無い側はこんな姿です。

ト103 87.2.21 細倉

骨董品のトも居ました。

01.10.14 細倉

こちらは3セク化後の旧・細倉駅構内です。
旧駅舎は民間の事務所として活用されていました。


ED202 01.10.14 細倉マインパーク前

移転後の終着駅脇には電気機関車が展示されていましたが、既にかなり荒廃していました。

以上で、栗原電鉄探訪をおしまいとします。

2017年12月13日水曜日

栗原電鉄 駒場から鴬沢

すこし間が開いてしまいましたが、栗原電鉄の続きです。

今は無き東北の小私鉄・栗原電鉄は一面の田んぼの中を一直線に走行するシーンが印象に残っている方が多いのではないかと思います。
そんなくりでんですが、終点に近い鴬沢から先は風景が一変して山がちな区間となります。

M153 94.4.15 鴬沢ー駒場

鶯沢から駒場の間で鉄橋を渡ります。
ここから先は山が迫ってきて沿線風景が変わってきます。

M153 94.4.15 鴬沢ー駒場

橋を渡ってからはすぐに坂を上り始めます。
こちらは橋を渡ってすぐの踏切付近から撮ったM153です。


M182 94.4.15 鴬沢ー駒場

こちらは晩年になって福島交通からやってきたM181形。
殆んど手を加えることなく使われていました。


M182 94.4.15 鴬沢ー駒場

上のM182号車の戻ってくるのを待ちます。

M153 94.4.15 鴬沢ー駒場

でも、やっぱりくりでんと言えば生え抜きのこのM153号車の方に軍配が上がります。

M153 94.4.15 鴬沢ー駒場

四月とは言え栗駒の山から吹き降ろす風が身に沁みた訪問でした。
次は終点・細倉を目指します。

2017年12月11日月曜日

日曜日は藤沢へ

関東連合大忘年会の翌日は藤沢に向かいました。

17.12.3 大船

湘南新宿ラインに乗車して途中の大船で下車、寄り道をします。

17.12.3 大船

寄り道をしたのは、湘南モノレール。
何となく、久しぶりにちょっと他では経験できないジェットコースター感覚を味わいたくなったためです。


17.12.3 湘南江ノ島

途中の駅でもスナップ撮影も楽しんでから江ノ島へ。
久しぶりの湘南モノレールでしたが、なかなか楽しい乗り物でした。

355 17.12.3 江ノ島ー腰越

行きがけの駄賃第二弾では江ノ電にも立ち寄りました。
ここで撮りたいのはやはりこの電車です。

17.12.3 江ノ島

そして、江ノ島からは藤沢を目指します。

355 17.12.3 石上ー藤沢

石上駅でもう一回300形を撮ります。
そこからは、大宴会会場へ。

本日は京急飲み入れ線大宴会です。
メンバーはNゲージの辣腕モデラーを中心に様々な人々が集まりました。
飲み入れ線の飲み会は二回目。
この飲み会はブログに心無い人の書き込みをされて気持ちが落ち込んでいた押入れ線さんを励ますことがきっかけでした。



恒例、乾杯イエイ!、です。




こちらは、いちかわさんの広電。
鉄コレ日車標準型と阪急920から作ったそうです。



拓さんの新作はこれ。
大きいものも小さいものも、守備範囲広いです。



そして、大きな拙作もご披露。




そして、本日のメインディッシュのジオラバーへ。
ここで、お電車遊びをする筈でした。
ところが!
あれ、やってない!

止む無く再び飲み続けることに予定変更です。



ここでシラフで来ているお仲間は帰宅の途に。
懐かしのベレットオーナーをお見送りして、二次会へ移動。

17.12.3 藤沢


二次会も大いに盛り上がって、散会となりました。
そして、その帰り道にはEXEを利用。
ここでも大いに盛り上がる三次会がありました。


2017年12月10日日曜日

アクラス製品セミナーと大忘年会

先週の週末は第一回アクラス製品セミナーが開催され、行ってまいりました。

セミナー会場

こちらがセミナー会場です。
セミナーは小伝馬町の貸会議室を利用して開催されました。
このセミナーでのテーマは国鉄80系電車の製作方法でした。
RMM誌で多摩川泉さんと私で80系キットの製作記事を書いたことから、2名でキット製作についての談義をさせて頂きました。



新しいカプラーの実演

その他、メーカー側からは新しいカプラーの性能実演が行われたり、



ガンダムマーカーでの窓サッシュの色挿し体験なども行われました。



塗り分けの実例も実際に見て、触ることもできました。
メーカーさん主催のこのようなセミナーでは、メーカーの想いやキット製作についての考え方などの生の話が聞けてなかなか面白いものです。
次回は211系電車がの発売に合わせて行われることになると思います。

そして、セミナー終了後は場所を移して・・・

忘年会会場

恒例、関東連合大忘年会です。

ただいま準備中

花岡さんのEF61
会場で拝見した花岡さんのEF61。
アマミヤのキットから改造したそうです。



最後は記念撮影にて終了です。
この忘年会が終わると、年末になって来た実感がわいてきます。


2017年12月9日土曜日

原鉄模型スクール最終回

原鉄模型スクールもついに10回目、最終回を迎えました。

デハ826-6 17.11.26 京急鶴見

相変わらず、行きがけにはけいきゅんを撮ります。

拙作とキムラ先生の作品

完成した拙作をキムラ先生の作品と並べて対決します(笑)。



別の角度から。



生徒さんが一生懸命追い込みをかけている中、不埒にも遊んでいます。




やはり編成になるとグッと良くなりますね。



この日は別の用事とダブってしまいました。
そっちにも持って行っておいてみます。

17.11.26 菊名

そして、そちらをまたもや中抜けして、関内へ。

乾杯イエイ!

原鉄模型スクールの打ち上げパーティーです。



生徒の皆さん、講師他スタッフの皆さん、お疲れさまでした。
そして、既にこの週末から第二回目スクールが始まります。