古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2020年2月9日日曜日

青森の雪 その2

青森の雪景色、二回目は友人から頂いた画像からです。




大鰐線、津軽大沢駅構内には木造電車が辛うじて健在であったようです。




雪をついてやって来た中央弘前行き電車は秩父からやって来た電車です。
そんなに集落のあるわけでない同駅でもそれなりにお客さんがいます。

2 件のコメント:

midorinoneko さんのコメント...

弘前電鉄が弘南鉄道と合併した後の塗色なので、昭和40年代後半ですね。この頃まで大正前半製造の元国鉄サハ19形が木造車として現役で働いていたのは驚きです。大鰐線も走る車両は変わりましたが、津軽大沢駅付近の雰囲気はそれほど変わらないですね。

chitetsu さんのコメント...

midorinoneko さん
木造の旅客車輌としては非常に長寿を保った電車であったと思います。
津軽大沢駅付近は昔も今も何となく閑散とした場所ですね。