古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2017年4月29日土曜日

ようやく撮れた白いだるま電車

先週の三浦海岸の集りの時は、折角なのでだるま電車を見てから向かうことにしました。


デハ824-1 17.4.22 県立大学ー横須賀中央

どうせなら見たいのは800形のリバイバル塗装の白いだるま電車です。
リバイバル塗装記念で運転された時以来、なかなか巡り合えない状態が続いていましたので、今回は是非撮ってみたいところです。
リバイバル塗装の記念運転➡http://tsurikakedensha.blogspot.jp/2016/11/blog-post_13.html

先月横浜での用事があったときにも挑戦しましたが、白いだるま電車どころか、だるま電車さえ来ないという、だめだめ状態でした。
末期の1000形と同じ状況になってきました。
さて、今回はリベンジできるでしょうか。
初日は待っても待っても来ないから無理と思って電車に乗った途端にすれ違っちゃいました。
それでも、トンネルを絡めただるま電車は押さえることができました。

デハ827-1 17.4.23 逸見

翌日の帰り道にもリベンジを期して逸見で待ってみました。
逸見駅の品川方からはトンネルまたトンネルの京急らしい雰囲気で、遠くからやって来る電車の様子が見れます。

だるま電車がやって来ました。
さて、どうでしょうか。

デハ827-1 17.4.23 逸見

やっぱり、普通のだるま電車です。


デハ823-1 17.4.23 逸見

今度こそ!

デハ823-1 17.4.23 逸見

来た~っ!
バッチリ撮れました!

デハ823-6 17.4.23 逸見

逸見駅を発車する白いだるま電車。
窓周りの白がなんとなく登場時より白い気がするのですが・・・。

デハ823-6 17.4.23 逸見

カーブを描いてトンネルに入っていくだるま電車。
山と山に挟まれた中に通過線を配していますが、どちらもポイントがトンネル直前、その上カーブポイントです。
かなり厳しい配線です。


デハ823-6 17.4.23 黄金町

浦賀からの戻りは確実に撮れます。
黄金町で待つことにしました。

デハ823-6 17.4.23 黄金町

デハ823-1 17.4.23 黄金町

デハ823-1 17.4.23 黄金町

この先どのぐらい撮影をする機会があるか分かりませんが、また撮ってみたいリバイバル塗装編成でした。

2 件のコメント:

Cedar さんのコメント...

だるま急行もだるま電車も消えていく、京急らしさが無くなっていきます。

chitetsu さんのコメント...

Cedarさん
さすがの京急も流れには勝てない部分があるのでしょう。
画一化が進みつつあるのは残念です。