古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2018年8月8日水曜日

ちいさな駅

ウェールズの汽車旅で立ち寄った「ちいさな駅」です。
この駅はフェスティニオーグ鉄道にあるPENRHYN駅です。


18.5.8 Penrhyn

18.5.9 Penrhyn

駅はかなり急峻な地形の中に立地しています。

18.5.9 Penrhyn

早朝の静かな駅のたたずまいです。

18.5.9 Penrhyn

駅のエントランスには何と転車台が。
右手の保線小屋にトロッコを入れるための設備のようでした。

18.5.9 Penrhyn

駅舎もそれっぽい感じです。

18.5.9 Penrhyn

傾斜地に立地していることがこの写真でお分かりになると思います。
模型にしやすいシチュエーションと感じました。

18.5.9 Penrhyn

住宅街を縫うように走るシーンもいい感じでした。

18.5.9 Penrhyn

駅のちょっと先では道路を斜め横断していました。
踏切は遮断機式でなく、柵を動かして道路を閉鎖する方式です。

2 件のコメント:

ゆうえん・こうじ さんのコメント...

こういうひな壇のような情景というのは、おっしゃるようにレイアウトセクションにまとめやすいのだと思います。
この駅の情景を模したローレリーフの建造物ならべたセクションを、フェアリーが走る情景を想像するだけでも堪らないですね。

Chitetsu さんのコメント...

ゆうえんさん
同感です!
この駅を見たときに実に模型の題材にふさわしい、と感じました。
どうしても気になったので、早朝ひとりで取材に行ってきました。
模型にしたい、です。