古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2014年10月29日水曜日

御殿場線 岩波から裾野

御殿場線の岩波駅。
開業時はスイッチバック駅で、本線から分岐する行止りの引き上げ線に接して単式ホーム1面が設置されていた駅でした。
1968年の電化に伴ってホームは本線上の勾配区間に移転してスイッチバックは解消されました。
現在は再び交換可能な駅に改造されているようです。

クモハ73 78.8.17 裾野ー岩波

本日はその岩波駅から隣の裾野駅まで歩きながら73系電車を撮った時の写真からご紹介です。


クモハ73902 78.8.17 裾野ー岩波

岩波駅の沼津方にはスイッチバックの引き上げ線の築堤が残存していました。
その築堤の突端に立つと沼津方向に広大な風景が展開しているのが見えました。
その突端で電車が来るのを待つこととしました。
やって来た沼津ゆき電車の先頭はクモハ73902。
当線きってのスマートなクモハ73形です。

クモハ73902 78.8.17 裾野ー岩波

振り向いての1カット。
線路がどんどん下って行っているのが手に取るように分かります。

クハ79937 78.8.17 裾野ー岩波

反対側も全金属のクハ79920番代。
編成中間には葡萄色で転属したばっかりのモハ72920番代が編成に組み込まれていました。
これでサハが全金属なら・・・という編成ですが。
有り得ませんね、そんな編成。

クハ79389 78.8.17 裾野ー岩波

別の場所での73系電車。
4両編成を2編成繋いだ8両編成も良く見かけました。


クモハ73106 78.8.17 裾野ー岩波

上記編成を振り向いて撮った画像です。


クハ86300 78.8.17 裾野

裾野の駅には色褪せた姿で飯田線に転用待ちの80系電車が留置されていました。

3 件のコメント:

モハメイドペーパー さんのコメント...

 73902は最初に三鷹に配属され、79904と組んでいました(偶数同士だから運転台は同じ向き)。先頭に出たこともあったのですが、短期間で転属してあちこちドサ回りしたようです。
 御殿場線には73900もいたけど、どちらも乗る機会がなかったのは残念。

chitetsu さんのコメント...

モハメイドペーパーさん
先日の伊豆はお疲れ様でした。
試作全金車は結構たらい回しにされていますね。
スカ塗りになった79904は折角なら中央西線でなくて御殿場線にいれば楽しかったでしょうね。

風旅記 さんのコメント...

おはようございます。
数年前に御殿場線に初めて乗り、想像していたよりも山深く車窓の変化を楽しめる路線だと知り、以来、この路線が好きになりました。
旧型国電が山越えのこの路線を走っていたこと時代、想像もつかないのですが、吊り掛けサウンドも高らかに走っていたのかと思います。
お写真を拝見するに、あまり長い期間走らせることを想定していなかったのか、最低限の整備に留められた車両もあったようですね。
この路線をロングシートで旅するのは少し残念ですが、それは最新の車両が走る今も変わらないですね(今の方が座り心地は良いのでしょう)。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/