古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2012年10月20日土曜日

もう一両の阪急Pー6

正雀車庫訪問の翌日、もう一両のPー6を見に行きました。

1307 82.9.1 山田
梅田から目的地最寄駅まではこの電車でした。
1000から始まる阪急初期高性能車は、外観もさることながら阪急らしい伝統的な内装で、天井の冷房装置がすごく違和感を感じた記憶が鮮明に残っています。

1511 82.9.1 千里ニュータウンカトリック教会
もう一両のPー6は千里ニュータウンの教会にありました。
こちらは車体のみでしたが、ほぼ原型を留めていました。

1511 82.9.1 千里ニュータウンカトリック教会
正雀に保存されている116号は全鋼製でしたが、こちらは半鋼製のグループの制御車、1511号です。
当然ながら現役引退時の姿のままなので、幌の変更や標識灯の埋込み改造がされているなど、それなりに近代化されていました。

1511 82.9.1 千里ニュータウンカトリック教会
全体像です。
残念ながら逆光だったのでパッとしませんが。

1511 82.9.1 千里ニュータウンカトリック教会
車内です。
教会の学習室のような目的で利用されている模様でした。

1307 82.9.1 山田
教会にお礼を言って山田駅に再び戻りました。
行きがけに乗った車両に再び対面しました。
屋根のクーラーに目がいってしまう暑い一日でした。

2 件のコメント:

イヌ さんのコメント...

chitetsu殿、おはようございます。ちょっと目を離したスキにすごい画像のアップですね!
P-6ってなんでこんなにイイんでしょう?屋根に登ったってそんな人間いませんよ(爆)。
対して1000シリーズの冷房車は当時から違和感アリアリですね・・・。ちなみに2000も3000も冷房車はいまいち違和感が残ります。
さて、昨日、名鉄逝ってきました。さすがにAL車はいませんでしたが画一的ながら赤い電車がたくさん見られて満足です。
昨夜近鉄ビスタカーで(笑)、難波に移動。きょうはこれから阪神電車に逝ってきます!

chitetsu さんのコメント...

イヌさん
Pー6、良い感じですね。
京阪の血をやはり感じます。
名鉄から近鉄で大阪移動とはさすがヲタですね。